診察内容

不妊治療・婦人科

  • 0797-25-2213
  • お問い合わせフォーム
  • オンラインご予約

一般不妊治療

一般不妊治療

不妊症検査で重大な問題点がなかった場合は、できるだけ負担なく自然に妊娠を目指すために、タイミング治療から開始していきます。
タイミング治療でうまく行かなかった場合、あるいは不妊症検査で必要と判断された場合には、人工授精治療を行います。タイミング治療と人工授精治療を併せて一般不妊治療といいます。

タイミング治療

排卵に合わせて性交渉を持つ治療です。排卵日の予測方法には、基礎体温測定、尿中LH測定、血中LH測定、超音波検査などがありますが、コストや簡便さも考慮に入れると、排卵を一番正確に予測、診断できるのは超音波検査だと言われています。排卵日~その1-2日前に性交渉のタイミングを合わせると妊娠率が高いと言われています。
状況にもよりますが、3-6周期で妊娠に至らなければ、この方法は有効ではないと判断し、次の治療(一般的には人工授精)へステップアップをします。

人工授精

人工授精では、排卵に合わせて、容器に採取した精液を調整(洗浄および濃縮)したうえで、子宮腔内に注入する治療法です。
精子と卵子が出会うために精子が通る経路で近道をすることができ、妊娠しやすくなります。また、性交渉がうまく持てないご夫婦でも妊娠を目指すことができます。状況にもよりますが、3-6周期で妊娠に至らなければ、この方法は有効ではないと判断し、次の治療(一般的には高度生殖医療)にステップアップします。

排卵誘発

体質的な問題やホルモン異常によって、卵胞発育および排卵をしにくい方がおられます。こういった場合、内服または注射の排卵誘発剤を使用して卵胞発育および排卵を助けることがあります。これを排卵誘発といい、一般不妊治療に併用する場合があります。

FT、ポリープ除去

一般不妊治療中、卵管に問題がある場合、FT(卵管鏡下卵管形成術)を行ったり、子宮内膜ポリープと診断され、それが妊娠率に影響を与えていると判断できる場合、ポリープ除去を行ったりすることがあります。